生活改善メニュー

運動 1日10,000歩

心筋梗塞・脳卒中を予防するには、運動が効果的です。できるだけたくさん歩くことを心がけましょう。

  • ウォーキング(2.5~4メッツ)
  • 階段の上り下り(6メッツ)
  • サイクリング(4~8メッツ)
  • ジョギング(6~7メッツ)

※ 起きていてじっと座っているときに使うエネルギー量が「1メッツ」です。 メッツとは →詳しくはこちら

食事 肉より魚 野菜は毎日 腹八分目

心筋梗塞・脳卒中を予防するには、血液中の総コレステロール値が高くならないようにすることが大切です。
総コレステロール値は食事の内容が関係します。

  • コレステロールを多く含む食材【するめ・卵・レバー】
  • 体内のコレステロールを増やす食材【脂身・生クリーム・バター】
  • 体内のコレステロールを減らす食材【植物油・きのこ類・青魚】

※ 野菜または海藻類を毎日1食以上。週に5食は魚料理を食べましょう。
ただし、揚げ物は避けます。肉料理は赤身を選び、脂肪分はできるだけ避けます。

禁煙 禁煙だけで脳卒中や心筋梗塞で亡くなる率は半減!

タバコの煙には、4000種類の化学物質が含まれており、そのうちの200種類以上が有害物質。一日も早い禁煙を。

やめられない場合は…禁煙外来を受診、ニコチン代替療法(ニコチンガム、ニコチンパッチ)

目標値として半年間で体重の5%減BMIを25以下に

BMIとは? →詳しくはこちら

 

イラストでよくわかる動脈硬化のしくみと予防

ページの先頭へ ホームへ戻る