動脈硬化はどのようにして起こる?

血管内部のしくみ

血管内部のしくみ

血管は、内膜、中膜、外膜という3つの層が重なってできています。
健康な血管は弾力性があり、しなやかです。

血液に含まれる物質

血管の内部には血液が流れています。

赤血球:酸素を運ぶ働きをしています
赤血球:酸素を運ぶ働きをしています
白血球:体を外敵から守っています
白血球:体を外敵から守っています

悪玉コレステロール

悪玉コレステロール

このほか、血液には体に必要なさまざまな物質が含まれています。そのひとつに大きさわずか10万分の2ミリの粒子。LDLがあります。悪玉コレステロールと呼ばれる動脈硬化に深くかかわる物質です。

悪玉コレステロール

内部にぎっしりつまった青く見える部分はコレステロールです。LDLは全身の細胞に欠かせないコレステロールを送り届ける輸送車の役割を担っています。このLDLが増えることが動脈硬化の原因となります。

善玉コレステロール

善玉コレステロール

もうひとつ、コレステロールを運ぶ粒子があります。
HDL、善玉コレステロールです。
あまったコレステロールを回収する働きをしています。
このHDLが少なすぎても動脈硬化は進んでいきます。

動脈硬化のきっかけは悪玉コレステロールが増えること

では、動脈硬化が起きる様子を見てみましょう。きっかけは血液中の悪玉コレステロール、LDLが増えることです。食事でコレステロールを摂りすぎたりすると、血液中のLDLが増えだします。 一方、血管は血圧が高かったり、喫煙することでいちばん内側の細胞、内皮細胞が傷つけられ、細胞同士の隙間が広がっていきます。すると増えすぎたLDLがその隙間から内膜の内側に入り込んでいきます。

  • 血中の悪玉コレステロール【LDL】が増える
  • 血管の内皮細胞が傷つけられる
  • 細胞同士の隙間が広がる

矢印

  • 増えた【LDL】が隙間から内膜の内側に入り込む
  • 【LDL】が不要な物質に変化
  • 【LDL】を取り除くため、白血球は内膜の内側に入り込む

矢印

白血球が【LDL】を自分の中に取り込む

内膜の内側に入り込んだLDLはやがて活性酸素の働きによって酸化されたり、血液中の糖分と結びついていきます。本来、体に必要な物質であるLDLが不要な物質に変化してしまうのです。
すると白血球が活動を始め、体の免疫システムが働きだすのです。
不要な物質へと変化したLDLを取り除くため白血球は内膜の内側に入り込んでいきます。
そして次々とLDLを自分の中に取り込んでいきます。

白血球はやがて死に、後にはコレステロールの塊が残る

大量のLDLを取り込んだ白血球はやがて死に、後にはコレステロールの塊が残ります。
こうして血管は本来のしなやかさを失ってゆきます

コレステロールの塊が内膜を大きく押し上げ血管が狭くなる

このときの血管の内部です。
コレステロールの塊が内膜を大きく押し上げ、血液の通り道を狭くしています。
これが動脈硬化です。

血管はやがてふさがってしまう

血栓ができるとやがて血管がふさがる

動脈硬化が進むとストレスなどが引き金になり、血管の壁が破れてしまうことがあります。
すると傷口をふさぐため血が固まり、血管の壁には血栓というかさぶたができます。こうしたことが繰り返されると、血管はやがてふさがってしまうのです。

 

イラストでよくわかる動脈硬化のしくみと予防

ページの先頭へ ホームへ戻る